タグ別アーカイブ: リアルサウンド

2015/08/12“セカンドキャリア組”のアイドルが増えている理由についてインタビューを受けました/リアルサウンド

B00YY0L9SO

リアルサウンドの「AKB48、乃木坂46、GALETTe…アイドル界でなぜ“セカンドキャリア組”が増えている?」にてインタビューを受けました。

AKB48、乃木坂46、GALETTe…アイドル界でなぜ“セカンドキャリア組”が増えている? – Real Sound|リアルサウンド

スクールでキャリアを積んで他のグループに行くこともあれば、都会だとスカウト経由でモデルを通ってグループに加入したり、誰でもアイドルを自称してノルマさえ払えば地下アイドルとしてライブに出られたりと、アイドル自体の分母が増えたという要因も考えられます。

AKB48、乃木坂46、GALETTe…アイドル界でなぜ“セカンドキャリア組”が増えている?(リアルサウンド

続きを読む »

2015/04/11GOMESS 初単独ライブ直前インタビュー/リアルサウンド

B00T8D9REA

自閉症とともに生きるハタチのラッパー・GOMESS。NHKのゴールデン帯で特集番組が組まれるなど、ヒップホップシーンだけでなく、一般的にも多大な注目と期待を集めているアーティストである彼に、インタビューを行いました。

「ラップとポエトリーの融合の究極形ができた」自閉症とともに生きるハタチのラッパー、GOMESS登場 – Real Sound|リアルサウンド

--「笑わないで」はサクライケンタ(元いずこねこ、現Maison book girlプロデューサー)さんのトラックです。サクライさんの曲に言葉を乗せるのって苦労したんじゃないですか?

GOMESS 苦労しました。普通のラップを乗せるテンポの速さじゃないんですよね。試行錯誤した結果、あのスタイルを見つけて。あれは結構ラップとポエトリーの融合の究極形だと思うんですよ。リズムは完全にラップなんだけど、歌ってる内容やアクセントのつけ方はポエトリー。あれは結構斬新なはず。日本語ラップファンは、好きになるかどうかはおいといて「へー、こんなのやってるんだ」って思ってくれるんじゃないかと。気づいて欲しい、この曲の違和感に!

「ラップとポエトリーの融合の究極形ができた」自閉症とともに生きるハタチのラッパー、GOMESS登場(リアルサウンド

 

--そうしたコピーについては、利用しようと思うのか、それとも別にそれは頭にはあるけど、やってるのは音楽なんだから届きさえすれば関係ないという気持ちなのか、聞きたいです。

GOMESS:今となっては、多少利用しようという気持ちが頭の中にあるかもしれない。でも、喋りが上手いって言われたりすると、ちょっとムカつくんです。そうなるためにすごい努力して来たから。そんな易々と評価しないで欲しいって。オレ、バラエティ番組とかドラマとか観て、人と喋る練習のためにメモを取ったりして、ずっといちから勉強して来たんですよ。
(中略)
「自閉症に感じないね」って言われることに昔は憧れてたけど。嬉しい反面、反発しちゃう気持ちもある。

「ラップとポエトリーの融合の究極形ができた」自閉症とともに生きるハタチのラッパー、GOMESS登場(リアルサウンド

 
ちなみにIDOL NEWSINGでは、2015年3月からGOMESSのライブマネージメントのサポートをしています。2ndアルバム「」のリリースイベントのブッキングやプロモーション、4/12(日)開催の初単独ライブ「人間失格」の主催を行いました。

関連記事
アイドリング!!!のメンバー全員卒業についてインタビューを受けました/リアルサウンド
アイドル楽曲大賞2014 アフタートーク座談会 後編/リアルサウンド
アイドル楽曲大賞2014 アフタートーク座談会 前編/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第15回 2015年グループアイドル注目ポイント/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第14回 2014年グループアイドルシーン振り返り/リアルサウンド

2015/04/07アイドリング!!!のメンバー全員卒業についてインタビューを受けました/リアルサウンド

B00S16K3SO

アイドリング!!!のメンバー全員卒業についてリアルサウンドからインタビューを受けました。

アイドリング!!!のメンバー全員卒業は“次”への布石? フジテレビとアイドルの関わりを読む – Real Sound|リアルサウンド

大型グループが次々と解散・活動休止していると、アイドルシーンが縮小しているかのように感じる人もいると思いますが、必ずしもそうとはいえないと思います。AKB48の売り上げ枚数だけを見れば、たしかに右肩上がりとは言えないですが、同じ母体であるフジテレビが行っている『TOKYO IDOL FESTIVAL』の入場者数は年々増加し、2014年には4万1000人以上を記録しています。さらにアイドルネッサンスのように大手が運営するアイドルも新規参入していますし、AKB48やももクロのブレイクによって市場規模そのものが拡大しているので、インディーズでも充分にやっていけるケースも少なくありません。

 
関連記事
2014年のアイドルシーンについてインタビューを受けました/THE PAGE
TIF2014後のアイドルシーンについてインタビューを受けました/リアルサウンド
TIF2014の注目点についてインタビューを受けました/リアルサウンド
BABYMETALについてインタビューを受けました/THE PAGE
多様化するアイドルオーディションについてインタビューを受けました/リアルサウンド
『グッド!モーニング』(テレビ朝日)にてAKB48握手会襲撃事件についてインタビュー出演
AKB48握手会襲撃事件についてインタビューを受けました/リアルサウンド
『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演

2015/02/01アイドル楽曲大賞2014 アフタートーク座談会 後編/リアルサウンド

jacket_LB

コメンテーターの1人として参加しています「第3回アイドル楽曲大賞2014」のアフタートーク座談会の後編がリアルサウンドに掲載されました。
参加者はピロスエ、岡島紳士、ガリバー、宗像明将です。

『アイドル楽曲大賞』アフタートーク(後編)4人の論客が予測する、2015年のアイドル楽曲とシーン「作り手にはまだまだ頑張ってほしい」(リアルサウンド)

岡島:花澤香菜などの、声優、アニメ系ですね。二次元とアイドルの対立については、深い溝のような歴史があります。ただ、生まれた時からアニメやアイドルが当たり前の世代が育つにつれ、この問題は少しずつ解決しています。最近の売れる曲はアニメタイアップが多いことからも、時間が経てば自然にそうなっていくだろうと思います。「声優アイドル楽曲大賞」はやらないんですか?

『アイドル楽曲大賞』アフタートーク(後編)
4人の論客が予測する、2015年のアイドル楽曲とシーン「作り手にはまだまだ頑張ってほしい」(リアルサウンド

 
第3回アイドル楽曲大賞2014

関連記事
アイドル楽曲大賞2014 アフタートーク座談会 前編/リアルサウンド
アイドル楽曲大賞2014結果発表イベントが開催されました
12/29(月)、第3回アイドル楽曲大賞2014 結果発表イベントに出演します
「アイドル楽曲ディスクガイド」出版記念トークイベント レポート/リアルサウンド
「アイドル楽曲ディスクガイド」出版記念トークイベント レポート
『アイドル楽曲ディスクガイド』執筆者座談会/リアルサウンド
アイドル楽曲ディスクガイド

2015/01/31アイドル楽曲大賞2014 アフタートーク座談会 前編/リアルサウンド

B00H8NIHYI

コメンテーターの1人として参加しています「第3回アイドル楽曲大賞2014」のアフタートーク座談会の前編がリアルサウンドに掲載されました。
参加者はピロスエ、岡島紳士、ガリバー、宗像明将です。

『アイドル楽曲大賞』アフタートーク(前編)4人のアイドル論客が語る『アイドル楽曲大賞』の始まりと現在地「真の楽曲派は現場に多い」(リアルサウンド)

岡島:楽曲派のガチ勢って在宅派だと思われがちなんですが、実は現場派なんですよね。現場に行かなきゃ買えないCDがあるし、YouTubeだと音質が悪いから、真の楽曲派は現場に多い。

『アイドル楽曲大賞』アフタートーク(前編)
4人のアイドル論客が語る『アイドル楽曲大賞』の始まりと現在地「真の楽曲派は現場に多い」(リアルサウンド

 
第3回アイドル楽曲大賞2014
続きを読む »

2015/01/16連載コラム アイドル最新マッピング 第15回 2015年グループアイドル注目ポイント/リアルサウンド

B00LMTWG2S

リアルサウンドの連載コラム「アイドル最新マッピング 第15回 2015年グループアイドル注目ポイント」を書きました。
副題は「ももクロ、AKB48、BABYMETALらの動員はどうなる? 2015年、注目グループアイドルの展望」。

同じ事務所(エイベックス)、レーベルでありながら、「iDOL Street」と「J-GIRL POP WAVE」という2つの「アイドルのファミリー化」を目指すプロジェクトが同時に進行していることは、とても興味深い。

 
関連記事
連載コラム アイドル最新マッピング 第14回 2014年グループアイドルシーン振り返り/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第13回 動員力から考察するアイドルの現在/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第12回 吉木りさ/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第11回 lyrical school/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第10回 橋本甜歌/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第9回 篠崎愛/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第8回 いずこねこ/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第7回 東京パフォーマンスドール/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第6回 道重さゆみ(モーニング娘。’14)/リアルサウンド
緑川百々子とサブカルチャー/IDOL NEWSING vol.1&リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第4回 さくら学院/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第3回 せのしすたぁ&FUKUI IS 最 THE 高/リアルサウンド&IDOL NEWSING vol.1
連載コラム アイドル最新マッピング 第2回 BABYMETAL/リアルサウンド
岡島紳士のアイドル最新マッピング 第1回:倉持由香 グラドル自画撮り部部長・倉持由香が「グラドル界」を革新する(リアルサウンド)

2014/12/27連載コラム アイドル最新マッピング 第14回 2014年グループアイドルシーン振り返り/リアルサウンド

B00KFN1U3S

リアルサウンドの連載コラム「アイドル最新マッピング 第14回 2014年グループアイドルシーン振り返り」を書きました。
副題は「BABYMETAL、でんぱ組.inc、乃木坂46、モーニング娘。…2014年グループアイドルシーン振り返り」。

AKB48が『RIVER』で本格的なブレイクを果たしてから5年。ようやくシーンが確立し、市場が大きく広がりつつある

 
関連記事
連載コラム アイドル最新マッピング 第13回 動員力から考察するアイドルの現在/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第12回 吉木りさ/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第11回 lyrical school/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第10回 橋本甜歌/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第9回 篠崎愛/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第8回 いずこねこ/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第7回 東京パフォーマンスドール/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第6回 道重さゆみ(モーニング娘。’14)/リアルサウンド
緑川百々子とサブカルチャー/IDOL NEWSING vol.1&リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第4回 さくら学院/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第3回 せのしすたぁ&FUKUI IS 最 THE 高/リアルサウンド&IDOL NEWSING vol.1
連載コラム アイドル最新マッピング 第2回 BABYMETAL/リアルサウンド
岡島紳士のアイドル最新マッピング 第1回:倉持由香 グラドル自画撮り部部長・倉持由香が「グラドル界」を革新する(リアルサウンド)

2014/09/26連載コラム アイドル最新マッピング 第13回 動員力から考察するアイドルの現在/リアルサウンド

【Amazon.co.jp限定】 道重さゆみ モーニング娘。 '14 ラスト写真集 『 YOUR LOVE 』 Amazon限定カバーVer.

リアルサウンドの連載コラム「アイドル最新マッピング 第13回 動員力」を書きました。
副題は「ももクロ、モー娘。から、リリスク、ベルハーまで…動員力から考察するアイドル界の現在」。

当サイトの「アイドルライブ動員数表 ver.140921」を元に執筆しています。

この動員力表で最も注目すべきは、武道館クラスのグループが増加していることだ。Berryz工房、℃-ute、東京女子流、SUPER☆GiRLS、E-Girls、チームしゃちほこ、9nine、ベイビーレイズ、スマイレージと、数年前に比べて実に数多くのグループが武道館規模の人気を獲得している。これはつまりAKBだけ、ももクロだけの”専オタ”だけでなく、アイドルの多様性が世間的にも認められ、「アイドル」というジャンル自体のファンが増加したことを証明している。

 
関連記事
連載コラムアイドル 最新マッピング 第12回 吉木りさ/リアルサウンド
連載コラムアイドル 最新マッピング 第11回 lyrical school/リアルサウンド
連載コラムアイドル 最新マッピング 第10回 橋本甜歌/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第9回 篠崎愛/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第8回 いずこねこ/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第7回 東京パフォーマンスドール/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第6回 道重さゆみ(モーニング娘。’14)/リアルサウンド
緑川百々子とサブカルチャー/IDOL NEWSING vol.1&リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第4回 さくら学院/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第3回 せのしすたぁ&FUKUI IS 最 THE 高/リアルサウンド&IDOL NEWSING vol.1
連載コラム アイドル最新マッピング 第2回 BABYMETAL/リアルサウンド
岡島紳士のアイドル最新マッピング 第1回:倉持由香 グラドル自画撮り部部長・倉持由香が「グラドル界」を革新する(リアルサウンド)

2014/08/18連載コラムアイドル 最新マッピング 第12回 吉木りさ/リアルサウンド

吉木りさ BD『セキララ*彼女3 Blu-ray』

リアルサウンドの連載コラム「アイドル最新マッピング 第12回 吉木りさ」を書きました。
副題は「『怒られたい』で話題の吉木りさ 天性のグラドルが持つ音楽活動の可能性とは?はブレイクするか?」。

グラビアアイドルとしては不動の地位を築きメジャーな存在になったものの、しかし冒頭で紹介した番組のような、深夜番組的なもの、サブカル的でマイナーなものとの相性が、いまだにかなり良いのだ。

 
関連記事
連載コラムアイドル 最新マッピング 第11回 lyrical school/リアルサウンド
連載コラムアイドル 最新マッピング 第10回 橋本甜歌/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第9回 篠崎愛/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第8回 いずこねこ/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第7回 東京パフォーマンスドール/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第6回 道重さゆみ(モーニング娘。’14)/リアルサウンド
緑川百々子とサブカルチャー/IDOL NEWSING vol.1&リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第4回 さくら学院/リアルサウンド
連載コラム アイドル最新マッピング 第3回 せのしすたぁ&FUKUI IS 最 THE 高/リアルサウンド&IDOL NEWSING vol.1
連載コラム アイドル最新マッピング 第2回 BABYMETAL/リアルサウンド
岡島紳士のアイドル最新マッピング 第1回:倉持由香 グラドル自画撮り部部長・倉持由香が「グラドル界」を革新する(リアルサウンド)

2014/08/07TIF2014後のアイドルシーンについてインタビューを受けました/リアルサウンド

美しき孤独たち(Type-B)

TIF2014後のアイドルシーンについてリアルサウンドからインタビューを受けました。

今回のTIFへの来場者数は、裏に私立恵比須中学や、ハロー!プロジェクトのコンサートがあるにもかかわらず、昨年の約3万3000人から8000人以上増え、4万1282人を記録しました。これは、アイドルというジャンルが好きな層が増えたことにより、市場全体の規模が広がったということを意味すると思います。

 
関連記事
TIF2014の注目点についてインタビューを受けました/リアルサウンド
BABYMETALについてインタビューを受けました/THE PAGE
多様化するアイドルオーディションについてインタビューを受けました/リアルサウンド
『グッド!モーニング』(テレビ朝日)にてAKB48握手会襲撃事件についてインタビュー出演
AKB48握手会襲撃事件についてインタビューを受けました/リアルサウンド
『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演